日本に到着して、無事にカメラを購入


発送も完了して数日後に韓国のガイドさんから連絡が入りました。


無事に到着した旨の連絡だとばかり思っていたのですが、話の内容はちょっと違っていました。


受取人の方(スニョさんですが)に韓国の税関から連絡が有り、日本からの荷物が届いているが

内容物を確認した所、新品のカメラであることが確認され、インボイスも無い事から国内価格と照らし合わせて

課税される旨の連絡が来たとの事、

pixta_49910614_M




要するに、受取時に税金を支払わなければいけないとの事。

その金額が確か当時で約5万円以上だったと思う。


当然ですが受け取る側にすれば、弁償してもらう物の税金を払うのは納得行く筈もなく、

受け取り拒否の返答をしたと言う事の連絡でした。

個人輸出入なんてやった事がある訳もなく、全くの無知で簡単に送ってしまったのですが

全く考えていなかった結果に恥ずかしいですが、どうすれば良いのか途方に暮れてしまったのです。


流石にガイドさんも、私に出来る事はもうここまで、、、、後はあなたの気持ち次第だと思います。

税金に値するお金を振り込む手段を探すか、

直接あなたが韓国までカメラを手渡しに来るしか方法は無いんじゃないでしょうか?

当然です。


多分探せばお金を振り込む手段は有ったのかも知れません。

でも18年前、パソコンも活用し始めたばかりの自分にはそんなスキルは有りませんでした。


残る手段は、、、、、、

そう・・・・・自分が韓国まで持って行くしか無い!


数日後、郵便局から荷物が戻ってくる旨の連絡と追加の郵便料金を支払って受け取るかどうかの連絡があり

新品のカメラは無事に私の手元に戻ってきたのでした。


それから、直接スニョさんとの電話連絡が始まるのです。


つつ”く






最後までお付き合い頂きありがとうございます。

プログランキングに参加しています。写真をクリック頂けるとポイントが入ようです。

どうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング