付き合い始めて19年目に入った、アラカンおやじと韓国人のアラフォ-おば姫(スニョさん)

2020年2月7日に千歳空港から韓国に送り出してから、

新型コロナウイルスの影響で逢うことが出来無くなってしまった、私達2人の馴れ初めを思い出して書いています。


夜10時過ぎないと開店しない店へ買い物へ行くのに、夕食時のアルコ-ルも減らし、少々部屋で時間を潰し

正に英気を養って出発の準備をして出かける。

話を聞くと本格的に稼働し始めるのは夜中の12時位からだと言うから驚きだ。

一体どんな所なのか考えると、眠気よりもワクワク感が先に立つ。


タクシ-の運転手にスニョさんが行先を告げた先は、東大門運動場、そう、この時代(19年程前)には

今の東大門デザインプラザ(DDP)銀色の大きな建物の建っている付近には、

野球場の様な大きな建物が有ったのです。

その周辺を東大門市場と呼んでいると思われます。

タクシ-が指定場所付近に差し掛かると、人の波がどんどん多くなり、大きな交差点を過ぎた辺りからは

デパ-トの明かりと、周辺施設の看板や、派手なイルミネ-ションがコレでもかと言わんばかりに煌めく

自分の住む町の年1回のお祭りでもこんなに人が居ない位の人の波、大きな袋を引きずる様に歩く人

とにかく、人、人、人である。

d1

圧倒されて身動きできないで居る自分の手を取り、まずは道路向かいに有るデパ-トの様な所を見るらしい。

建物に入ると、3~4坪の小さな店が各階にひしめいて営業している。

皆テナントなのか、各店舗それぞれの分野で混在しているのだ。

洋服、アクセサリ-、下着、何でもある。

ここもスニョさん御用達のお店が有るようで各階ごとに効率よく廻る。

と言っても、人の波を描き分けながら、見て回るので大変だ。

韓国の買い物は日本の買い物とは要領がちょっと違うように思える。

その店の新作やお勧め品、セール品などは壁の目立つ場所に必ずディスプレされている。

なので日本の様にショウケ-スの商品を1枚1枚確認して買うのではなく、壁の商品を見て興味が有れば

店員と交渉するようなスタイルの様だ。

気に入ったシャツなど購入していたが、かなり安い。

同じような商品が他の店にも有るのだが、気の合う店主のお店で買うのが良いらしい。

そんな感じの大型店舗が2つほどあって(現在はもっとある)そこを見て廻るだけでも結構な時間が掛かる。

時刻は既に12時になろうとしている。



外に出て一息つく、屋台グルメで小さな海苔巻きやおでんなどをつまみ食いする。

これが又美味しいのだ。

今まで居た建物の外には小さなステ-ジが有って、イベントが開催されている様で物凄い熱気だ

ここでスニョさんが、まだ大丈夫ですか?

これからメインの所に行きますけど・・・・

なんと、今までの所は余興の様な物だったらしい。

この夜中の人の熱気で眠気や疲れなど完全に無い。


もうこの日の午前発の飛行機で帰国する事など、頭からどこかへ飛んで行ってしまっていた。




最後までお付き合い頂きありがとうございます。


プログランキングに参加してみました。

写真をクリック頂けるとポイントが入るようです。

どうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング